HOME > 生命保険の専門用語

生命保険の専門用語

生命保険に入る、また見直しをする前に簡単に専門用語を理解しておきましょう。専門用語をよく理解していないと、保険の資料を見ていても内容が十分に理解できず、重要な点を見落とす場合があるので最低限の知識が必要です。

保険者

保険者とは簡単に言うと生命保険各社などのこと。
保険契約者から保険料を集め、保険制度の管理や運営を行なって、保険事故が発生した場合に保険金を支払う立場を言います。

保険事故

保険事故とは、保険金の支払い条件となる事実のこと。被保険者が死亡やケガ・病気になった時や、保険契約が満期になった時などがこれに当たります。

保険事故

保険事故とは、保険金の支払い条件となる事実のこと。被保険者が死亡やケガ・病気になった時や、保険契約が満期になった時などがこれに当たります。

保険期間

保険期間とは、保険事故が発生した場合に保険金の支払いが保険者によって保証される期間のこと。

終身保険のように保険期間が一生涯続く場合や、定期保険のように保険期間が限定されているものなど、保険の種類によって異なります。

保険料

保険料とは、保険者のリスクに対して契約者が保険者(生命保険会社など)に支払う金額のことです。

保険契約者

保険者と契約を結び、保険料を支払う人のことです。

被保険者

その人の生死が保険事故として扱われる人のこと。つまり保険加入者を指します。仮にAさんが月々の支払いを行なって、Bさんに3,000万円の保険金を掛けた場合、Aさんが保険契約者、Bさんが被保険者となります。

Aさんが自分自身に保険を掛けた場合は保険契約者・被保険者ともにAさんとなります。

前者の保険契約者と被保険者が異なる場合においては、被保険者Bさんの同意が必要となります。

保険金受取人

保険金受取人とは、保険事故が発生した場合に、保険金の支払い先として保険契約者が指定した人のことです。

保険契約者自身が保険金受取人となる場合(例:養老保険の満期保険金を契約者自身が受け取るなど)と契約者以外が保険金受取人になる場合(例:契約者である夫の死亡によって死亡保険金を妻が受け取るなど)があります。

保険金受取人は2人以上でも構いません。基本的に保険金受取人の指定や変更は保険契約者の自由となっています。

▲ページトップに戻る




Copyright (C) 2012 生命保険無料見直し.com All Rights Reserved. design by tempnate