HOME > 定期保険特約付終身保険とは

定期保険特約付終身保険とは

生命保険の種類でも説明したとおり生命保険の主な3種類は、

@定期保険
A終身保険
B養老保険 

保険商品は主にこの3つの保険を組み合わせて作られています。
この時に主となる部分の保険を主契約。
オプションとして上乗せる部分の保険を特約といいます。

生命保険の種類でもかんたんに説明しましたが、この主契約と特約を組み合わせた保険が定期保険特約付終身保険というわけです。

主契約は終身・養老保険 特約は定期保険

主契約は終身保険か養老保険のどちらかという場合がほとんどです。ですが、ここ最近は予定利率(予定利率知っていますか?参照)が下がっていることもあり、保険料の高い養老保険はあまり売れていません。ですから終身保険が主契約となっているものが大半となっています。

つぎに特約となる部分は定期保険となります。
実際には、これ以外にも「入院特約」や「災害特約」、「三大疾病特約」などといった、各保険会社が商品化している様々な特約があります。

定期保険特約付終身保険のメリット

仮に30代の男性が、家族のために3000万円の保証額が必要な場合、終身保険だけでこの保証額を満たそうとすると、月々6万円以上もの保険料が必要となります。

ですが定期保険なら3000万円の保証額が月々9000円前後で済むのです。

ただ、ここで勘違いしてはいけないのが、終身保険は積み立てがあり、定期保険は掛け捨てだということです。ですから保険料が安いのです。

なので、葬儀代などの死後整理資金として200万円ほど残したいと考えている場合に、この定期保険だけでは解約返戻金などがないため保険とは別に貯蓄しておく必要があります。

そこで死後整理資金200万円は終身保険で残り2800万円の定期保険を組み合わせれば、毎月1万3000円ほどでこれら保障を満たすことができます。

このように、保険の特徴を組み合わせることで、安い保険料で大きな保障を得る保険プランを設計することができるのが定期保険特約付終身保険のメリットなのです。

定期保険特約付終身保険のデメリット

特約付終身保険の注意点を参照ください。

▲ページトップに戻る




Copyright (C) 2012 生命保険無料見直し.com All Rights Reserved. design by tempnate