HOME > 収入保障型定期保険とは

収入保障型定期保険とは

通常私たちがイメージする保険金は、被保険者が死亡した場合に一括で数千万円といった代金を受け取るものです。

収入保障型定期保険は、このように万が一の場合に一度に大金を受け取るものではありません。毎月加入時に決めた金額を保険期限内に少しづつ受け取ることができる保険なのです。

収入保障型定期保険
    

例えば、毎月15万円を60歳まで受け取る保険に加入した場合、
毎月15万円×12ヶ月=180万円/年の保証額を受け取ることができます。満期金はありません。

上の図からもわかる通り、月々の保証額が一定なので、死亡時の年齢によって受け取れる総額にも違いがあります。

(30歳で死亡した場合)
180万円/年×30年間=5,400万円

(40歳で死亡した場合)
180万円/年×20年間=3,600万円

また、保険金を一括に受け取ることを望めば、受取りは可能です。ですが、分割で受ける場合に比べて保険金額が減額されるので注意が必要です。

収入保障型保険のメリット

一度に大金を受け取ってしまうと、運用の仕方がわからない。少しづつ年金形式でもらえたら、と思っている方にはおすすめの保険です。

また、子供が独立して、今までかかっていた教育費などがいらなくなった。など、年を重ねることに本当に必要な保証額は少しづつ減っていきます。収入保障型保険はそういったライフステージの変化に非常にマッチした保険と言えます。

通常の定期保険に比べて保険料が安く設定されているのもメリットの一つです。

収入保障型保険のデメリット

分割して保険金を受け取ることができるのはメリットとしてあげられますが、遺族の収入によっては、税金がかかってしまうことがあります。また先に説明しましたが、一括で受け取る場合、分割に比べて保険金額が減ってしまうこともデメリットとして挙げられます。

▲ページトップに戻る




Copyright (C) 2012 生命保険無料見直し.com All Rights Reserved. design by tempnate