保険 見直し
HOME > 生命保険の種類

生命保険の種類

生命保険は種類が多く複雑なものと感じてしまいます。
ですが、基本的には以下の3種類だけなのです。

@死亡保険
A生存保険
B生死混合保険

死亡保険

文字通り被保険者が死亡したときに支払われる保険です。
死亡保険はその保険内容から以下のタイプがあります。

@終身保険
A定期保険
B定期保険特約付終身保険

終身保険の特徴

・保険が使える期間は一生涯。
・もしものことがあった場合はいつでも、契約していた保険金がもらえます。
・時間の経過と共に少しづつお金が貯まっていくので、解約したときに積み立
 てたお金がかえってきます。
・保険料は高めです。

定期保険の特徴

・保険が使える期間が決まっています。
・期間中にもしものことがあった場合、契約していた保険金がもらえます。
・期間中に何もなかった場合、払い込んだお金は戻ってきません。いわゆる掛
 け捨てです。
・保険料は安い。

定期保険特約付終身保険

・ベースとなる終身保険に定期保険を組み合わせたものです。

各死亡保険の特徴・メリット・デメリット一覧

特徴 メリット デメリット
終身保険 一生涯保証が続く 遺族への保証になる
解約返戻金が大きい
定期保険に比べて保険料が高い
定期保険 保証期間が限定掛け捨て 保険料が安い 保険期間が終了しても満期金は無し。解約返戻金は少ないか、ほとんど無し。
定期保険特約付終身保険 定期保険と終身保険を組み合わせたもの 必要な時期に応じて大きな保証の定期保険特約が付けられる。 一定期間が過ぎると特約の更新があり、保険料が高くなる。(全期型の場合は更新は無く、保険料は一定。)

生存保険

生存保険は保険満期まで生存していた時に支払われます。

@年金保険 (a・個人年金保険 b・変額年金保険)
Aこども保険

生存保険の特徴

・払い込んだ保険料を年金として積み立て、払込が満了してから毎年一定の年金を受け取ります。
・年金受け取り開始年齢までに死亡した場合には、死亡給付金が支払われます。しかし、死亡保険に比べて額は小さいものです。
・変額年金保険では、年金受け取り額が保険会社の運用次第で増減します。

生死混合保険

@養老保険

ある一定の期間のみ死亡時にお金が支払われ、何事も無く満期時まで生存していた時に死亡時と同額のお金が受け取れるという保険です。

養老保険の特徴

・保険が使える期間が決まっています。
・貯蓄性が高い保険です。
・保険料は高めに設定されています。

定期保険、終身保険、養老保険のモデルケース

生命保険の主な3種類となる定期保険、終身保険、養老保険のモデルケースです。

定期保険:満期あり。掛け捨て。

終身保険:満期なし。死亡と同時に保険金が支払われます。

養老保険:満期あり。満期時に返戻金あり。

▲ページトップに戻る




Copyright (C) 2012 生命保険無料見直し.com All Rights Reserved. design by tempnate